NPO法人祖父江のホタルを守る会沿革

年度

主  な  活  動  

会員数

2003/6

(平成15

 ・“ホタルの会”結成準備会立上げ。

・町社協の支援を受け、ホタル観察会を開催 

28

2004

(平成16

 ・ 「祖父江のホタルを守る会」創立総会開催 

 ・自生ヘイケボタルの生息数調査開始。以後継続中(延約14,000/~2019年現在)

 ・町内排水路の水質・底生生物調査開始。20ヶ所/年4回×5ヶ年≒800人)

 ・畦の草刈り(町内13ヵ所/年3回程度)活動開始 2012年打切り≒624人)

 ・市民対象“ホタル観察会”を開催 2013以後、ホタル激減により中断)

28

2005

(平成17

 ・自由参加型の定例会実施 (毎月第2土曜・1330~)

 ・“あいち万博瀬戸会場”にて展示活動

 ・稲沢市福祉まつり&そぶえイチョウ黄葉まつりに展示参加 (以後継続参加)

36

2006

(平成18

 ・ホームページで活動公開

 ・自然観察会実施

 ・祖父江町長岡工区にて、環境保全・向上実験事業関連で、ホタル観察会を実施

 ・環境保全・向上実験事業の県発表会で同上の全体活動成果を発表 

36

2007

(平成19

 ・祖父江町資源保全会環境部門の構成員として参加(5ヶ年計画以後も継続)

 ・「特定非営利活動法人 祖父江のホタルを守る会」の認証並びに登記完了

 ・稲沢市長と、自生ホタルの現状報告をもとに意見交換を行った。以後恒例となった

41

2008

(平成20

 ・稲沢市環境基本計画に「祖父江のホタルを守る会」が明記される  

56

2009

(平成21

 ・祖父江まちづくり協議会主催の “祖父江の自生ホタル” について講演を行う

 ‣“ゆりかご田圃”(牧川工区)に水田魚道を設置し俎上水生生物調査を実施

 ・「生き物地球会議」にて活動紹介パネル展示及び関係者6名会議参加

 ・丸甲小学校と共催で「親子ホタル観察会」を実施(3ヶ年継続、地域市民の協力多数)

 ・~ホタルの一生~のDVD(ナレーション付)教宣活動に利用、関係諸団体にも配布

 ・「用排水路の水質・底生生物調査」に県立杏和高校理科部員が参加した。

56

2010

(平成22

 ・祖父江町づくり協議会主催の“祖父江を知ろう”で講演を行う。

 ・“ゆりかご田圃”(牧川浄水場西)と北側幹線排水路を「水田魚道」で繋ぐ。

(水生生物の往来を3年間調査した。)

 ・「生き物地球会議」にて、活動紹介パネルを展示。パネル討議にも参加

 ・丸甲小学校と共催で「親子ホタル観察会」を開催(ホタルの多く飛んだ3年間継続)

 ・COP10会場の稲沢市ブースにて協同展示及び広報活動を行う

56

2011

(平成23

 ・ホタル生息数(125箇所)&排水路の水質・底生生物(18定点)の5年間の調査結果

をまとめた。 (DVDに収録して祖父江資源保全会及び関係諸団体に配布)

56

2012

(平成24

 ・祖父江町まちづくり協議会主催“祖父江を知ろう”で、「自生ホタル」について講演

62

2013

(平成25

・環境保全型水田での研究・実験計画「実験田プロジェクト」開始

・町内小・中・高学校へ出前環境授業を始める。

・実験田で、地元山崎小学校の稲作体験等開始

・あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業に参加(~2017

・ホタル見学・研修会〔一般募集バスツアー〕開始 (6月)

・祖父江のヘイケボタル(自然自生種)保全のため成虫を採取し、人工飼育を開始

県立杏和高校理科部も「人工飼育活動」を同時に開始し、現在も継続中

・そぶえイチョウ黄葉まつり協賛展示を祖父江町体育館会場に移して実施

64

2014

(平成26

・“環境保全型水田モデル”通称「実験田」を基盤に、広報・啓発活動を推進

  (親子自然観察会、サマーカレッジ等)

・岐阜大学応用生物科学研究科との協働でホタル生息に関する研究開始

・全国ボランティアフェスティバル(岐阜県で開催)にて活動発表(9月)

・名古屋でのESD国際会議を機に、久屋広場でのブースに出展(11月)

46

2015

(平成27

・親子グループによる「ホタルさがそう会」スタート

・特別展「稲沢のホタル展」を中央図書館で開催(会の設立10周年記念として)

・“ソニーわぉわぉ生物多様性プロジェクト”の体験活動を実験田で実施(~2017

・「ホタル里親プロジェクト」スタート 

・「環境シンポジウムin安城」で講話(活動紹介)

46

2016

(平成28

NPO法人ひずるしい鎮玉との交流開始

・農具や観察用具の収納小屋(農業用ハウス型)増設

・尾張西部生態系ネットワーク協議会に参加

45

2017

(平成29

・田んぼサポーター募集開始

・ホタル定着実験用防虫ネット製囲い(通称「ホタル小屋」)を実験田内に設置

・「あいちホタルサミット」(6月安城市で開催)で講演(活動紹介)

・収穫祭(凧あげ・田んぼコンサート・BBQ)を実験田で開始

42

2018

(平成30

・稲沢市の事業委託を受け「自然観察会」を開始(環境保全課の支援)

・「和良おこし協議会」との交流開始

・稲沢市制60周年記念事業として、

〇「ホタルあれこれ」発行

〇「ホタルサミットinいなざわ」を名古屋文理大学文化フォーラム(市民会館)で実施

〇特別展「稲沢のホタル展」を祖父江の森図書館で開催

・「よみがえれホタルたち ~調べ続けた15年の記録~」完成 発行12月

・地元企業アイコクアルファの自然公園整備構想のホタル生息場所作り計画に参加

45

2019

(令和 元)

 ・愛知県知事表彰を受ける。 (「環境保全活動推進」功労)

 ・ホタル生息場所(甲上)の大量飛翔を加藤市長はじめ賛同者が視察、ホタル自生環境保全のための企画が加速

45